パブリック・サポート・テスト(PST)とは

 パブリック・サポート・テスト(PST)基準とは、広く市民からの支援を受けているかどうかを判断するための基準であり、下記3つのいずれかの基準を選択できます。

 

  【相対値基準】収入金額に占める寄附金の割合が20%以上であること。

 

  【絶対値基準】3,000円以上の寄附者の数が年平均100人以上であること。

 

  【条例個別指定】都道府県又は市区町村の条例による個別指定を受けていること。

▲このページのトップに戻る