NPO法人と一般社団法人の違い

 NPO法人と一般社団法人の基本的な違いを表にまとめてみましたので、下記を参考に比較検討してみてください。

 

  NPO法人 一般社団法人
根拠法 NPO法 一般社団・財団法人法
主たる事業目的

特定非営利活動

(17項目)

制限なし
設立手続

認証主義

(所轄庁による設立認証と登記)

準則主義

(公証人の定款認証と設立登記)

社員・設立者 社員10名以上

社員2名以上

社員資格 不当な条件不可 制限可
理事数 3名以上 1名でも可
監事数 1名以上 理事会設置の場合1名以上
公証人手数料 不要 50,000円
登録免許税 不要 60,000円
所轄庁 都道府県知事又は政令指定都市市長 なし
行政への報告義務 あり なし
設立期間 4ヶ月から6ヶ月 2週間から4週間程度
社会的信用 高い 低い
課税 収益事業課税 全所得課税と収益事業課税に区分
寄付金優遇 なし 非営利型の場合、優遇あり
法人格取消 認証取消制度あり なし

 

 お申込み・お問い合わせは下記をクリック!

               

 

▲このページのトップに戻る