認定NPO法人の要件

 認定NPO法人になるためには、次の基準に適合する必要があります。

 

 パブリック・サポート・テスト(PST)に適合すること。

 

 事業活動において、共益的な活動の占める割合が、50%未満であること。

 

 運営組織及び経理が適切であること。

 

 事業活動の内容が適正であること。

 

 情報公開を適切に行っていること。

 

 事業報告書等を所轄庁に提出していること。

 

 法令違反、不正の行為、公益に反する事実等がないこと。

 

 設立の日から1年を超える期間が経過していること。

 

 (注) 上記@〜Gの基準を満たしていても、欠格事由に該当するNPO法人は、認定を受けることはできないこととなります。

▲このページのトップに戻る